日本的経営の学び舎 第4回

技術経営士の会と、事業開発・ブランドマネジメント・教育を軸としたサービスを行うVALCREATIONでは、共催企画をして「日本的経営の学び舎」を実施しています。

2018年10月24日に開催した第4回「日本的経営の学び舎」では、技術経営士の会 会員であり、株式会社IHI顧問・元代表取締役副社長の中村房芳氏が講師となり、“経営の現場”で培ったあるべき経営的発想について事例を基に講演しました。

以下、共催社であるVALCREATIONよりご提供いただいた、講演会当日の様子に関するまとめを紹介します。

中村様講演会

10月24日(水) 中村様の講演会では、若手経営者・経営幹部・起業予定者など、計10名で学びを深めてまいりました。

中村様には「経営の現場」というテーマで、「戦略」「人材マネジメント」「リスク管理」「日本的経営」という観点からお話しをいただきました。経営の現場で中村様が実際に取り組んできた内容について伺い、今すぐに実践できる手法や考え方を多く学びました。

参加者の皆様からは、
「組織を変革するためには、トップが徹底的に推進していく姿勢が必要であると学びました。自分の現状を振り返りながらお話が聞けて、何が足りていないのかが明確になりました。」
「戦略やリスク管理など、具体的な考え方・チェックの方法を教えていただきました。最終的には“人間力”が大事というお話でしたので、今後も姿勢を正して取り組んでいきたい。」などの感想をいただきました。

後半の意見交換会では、中村様が経営に携わっていた際、何をモチベーションにしていたのか、一番嬉しかったことは何か、など当時の考えを伺い、経営者としてのあるべき考え方と行動について学ばせていただきました。

なお、講演の詳細は、VALCREATIONのホームページ(https://media.valcreation.co.jp/)で紹介されています。

中村房芳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です