大学を豊かに 第1回

2017年5月

STAMP大学講座委員会 主査 上田新次郎

 

技術経営士は、技術者としての専門知識と組織経営の経験を有するシニア世代の技術と経営の専門家集団です。私達は長い経験から得られた知恵を人材育成、特に大学生や社会人の教育に役立てられないかと考えました。将来ますます進化が見込まれる高度技術社会では技術者の役割は極めて重要です。新しい時代の理工系学生や社会人が技術経営やマネージメント力を養う上で、技術経営士の実践経験をベースにした知恵の体系は非常に有益であると信じます。技術経営士の会の大学教育に対する熱意と意欲を日本大学理工学部長の山本寛先生にお話したところ大いに共鳴していただき、平成28年度の下期に日本大学大学院理工学研究科で8人の講師による15回の講義を実施しました。約30人の大学院生が受講し、メールによる質問や回答も精力的に行われ、期待に違わぬ講義と高い評価が得られました。さらに東京工業大学では平成28年11月から社会人向けMOTの一環としてCUMOTxSTAMPプログラムを実施しました。受講生からは、企業経営経験者の実体験に基づく講義と討議、解説が非常に有益で示唆に富むなど、高い評価が寄せられました。両方の講座とも平成29年度に引き続き実施されます。

技術経営士の会には様々の分野の技術経営を実践してきたメンバーが揃っています。大学生の教育や社会人のMOT教育に大いに役立つことができると確信しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です